歯周ポケットとは

スケーリング治療

歯科医院で目に見える歯石を除去してもらう場合にはスケーリングという治療を行います。

スケーリングは麻酔を必要とせずに行える治療になります。このスケーリングではスケーラーと呼ばれる器具を使用して手で歯石を取り除く方法と超音波スケーラーと呼ばれる機械を使用して歯石を取り除く方法の2種類があります。

スケーラーを使用して手で取り除く場合には歯石除去の強度を調整することが可能であるという利点があります。しかし歯科医の手で取り除いていくため時間がかかってしまうという不利があります。超音波スケーラーを使用した場合にはこの不利は改善され効率よく歯石を除去することができますが機械からの振動により場合によっては歯がしみてしまうことがあります。

歯科医の手で歯石を除去するか、超音波スケーラーを使用して歯石を除去するかは歯石の量によって異なってまいります。

SRP治療

歯石の除去にはスケーリング治療が挙げられます。スケーリング治療の他にもSRP治療という治療法があります。ここではSRP治療についてご説明いたします。

SRP治療はスケーリング治療では必要としなかった麻酔が必要になります。SRP治療では専用のスケーラーを使用して治療を行ってまいります。治療内容といたしましては歯ぐきの中など目では見えない部分に溜まっている歯石の除去を行ってまいります。治療時間は個人個人の歯周ポケットの深さによって異なりますが歯周ポケットが深ければ深いほど治療時間が長くなります。また、治療時間が長いため1回の治療で全ての歯周ポケットの治療を行うのではなく数回に分けて治療を行ってまいります。

SRP治療では麻酔を使用するため麻酔が切れた場合には痛みを伴うことがあるため注意が必要になります。


この記事をシェアする